弁護士と酒税と日本酒

欧州の弁護士の歴史

弁護士とは、日常生活の中で起こる紛争や事件について、法律の専門家として適切な対処法や解決策をアドバイスする仕事です。
時にはトラブルを未然に防ぐための予防策を提供することもあります。具体的に法律やトラブルのどの範囲に弁護士が関わるかということは、
その時代や法律によって様々です。
現在の弁護士制度は欧州、特に西ヨーロッパで発達したものが起源です。
中世の西ヨーロッパでは、弁護士制度は主にローマ法の制度として発達しました。
ローマ帝国時代に法廷内での弁明を行う有識者がおり、これが前身であると考えられています。
当時は法廷で弁論を行うことと、法定外で法律相談を受けることは別々の仕事でした。
この影響を受けて、現在でも法廷に立つ法律家とそうでない法律家を分けている国も存在します。
この後、ローマ帝国の発展と共に弁護士は職業とみなされるようになりました。
中世ヨーロッパの時代に入ると、現在の法学部に当たる、法律を学ぶための学部が各大学に設置され、
法律家を養成するための土壌が整っていくことになります。

北陸地方の日本酒の特徴

冬期には寒冷な気候で降雪量が多く通常の生活に支障が起きやすい北陸地方ですが、
反面これらは日本酒を醸造する際の好条件であり、日本酒ブームが起こる以前から銘醸産地として知られています。

 

長い年月にわたり雄大な自然環境、とりわけ標高の高い山脈によってろ過された雪解け水は清涼で、
その水から育まれる酒造好適米と仕込み水は高品質です。

 

吟醸酒や純米酒はもちろん、普通酒であっても端麗辛口のものから甘いフルーティーなものまでバラエティに富んでおり、
北陸地方は日本有数の海産物の産地でもありますから、それらの料理にマッチングする日本酒が豊富です。
歴史ある蔵元が海の幸と山の幸を最高の条件で味わえるよう常に改良を重ねているのです。

 

新潟の日本酒や地酒販売→ 幻の酒

 

 

 

 

 

 

"

東海地方の日本酒の特徴

東海地方は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県が含まれます。
位置的にみると関西と関東の間に位置しており、どちらの地方からの文化的影響を受けつつも、また違った独自の文化を持っています。
各蔵で酒造りを行う杜氏もまた、能登杜氏、南部杜氏、但馬杜氏など様々な様相を持ち、地域ごと、倉ごとにバラエティーに富んだ日本酒を造っています。
一部の豪雪地帯からの雪解け水や、北アルプスなどの山々から流れる川など上質な水源が豊富で、日本酒の仕込み水としても最高の環境を持っています。
また充分な水量を流す河川は、平野部を肥沃な土壌とし、そのため品質の高い酒米を作り出すことを可能にしています。
このように東海地方では、恵まれた大地からの恩恵をたくさん注ぎ込んだ、多種多様な日本酒があります。

関西地方の日本酒の特徴

京都や大阪や兵庫、滋賀や奈良や和歌山を含む関西地方は、全国のおよそ半分にあたる蔵元がある地域になります。
そのなかでも、兵庫県には群を抜くほどの製造場数があり、日本酒が多くつくられ盛んな地域になっています。
関西地方の日本酒の特徴は、どちらかというと辛口傾向にあって、比較的濃厚といえるでしょう。
日本酒の原料になる。
酒造米の有名な生産地がある兵庫県は、甘さや辛さ、酸味や苦味や渋みのバランスが良く、
誰もが飲みやすいすっきりさと、まろやかさが感じられる日本酒が多くみられます。

 

関西地方はには、清らかな水が流れている地域がたくさんありますので、
日本酒の原料のひとつである水にこだわって完成したものも多く販売されています。