還暦祝いの赤色にこだわったプレゼント

赤い色のプレゼントを贈る還暦祝いですが、一生の記念になるので、素敵な品物を選びたいものです。日本の伝統的風習でもあるので、ある程度形式を大切にして、赤いちゃんちゃんこなども、プレゼントとして用意していいかもしれません。赤い色の商品は様々ありますが、おススメの還暦祝いの赤色商品を、ご紹介致します。プレゼントを探す際の、参考にしてみて下さい。

還暦祝い「赤いちゃんちゃんこ」を着る日本古来の風習

60歳になったお祝いの還暦祝いは、何故「赤いちゃんちゃんこ」を着るのでしょうか?還暦祝いの風習が生まれたのは、室町時代の末期になります。歴史がある日本伝統の、風習であるお祝いです。還暦は十干十二支(じゅっかんじゅうにし)の暦が、60年間で一周期になっているため、赤ちゃんに戻り新しく生まれ変わったという意味より、赤子に着せた産着の「赤いちゃんちゃんこ」を、再び着てお祝いしているのです。

昔の日本人の寿命は、60年ぐらいだったのかもしれません。とにかく長生きできていることが、本当におめでたい!という思いが込められています。十干十二支(じゅっかんじゅうにし)の十干は、甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)、己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)、癸(き)です。十二支は皆さんよくご存知の、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)です。

これにあてはめますと、例えば1959年(昭和34年)生まれの人は、己亥になります。人生120年を目指してというのは、ちょっと難しいかもしれませんが、それぐらいの精神力で今後の人生も、元気に過ごしていけるといいです。還暦祝いのお祝いの席では、まだまだ健康で長生きしていくぞと、決意表明して家族をなごませましょう。

プレゼントの還暦祝い「赤いちゃんちゃんこ」を手作りして贈る

とてもおめでたい意味の「赤いちゃんちゃんこ」ですが、昔ほど着用する人は少なくなっています。赤色一色というのは目立ちますし派手ですし、もらっても普段着用することがない、タンスにしまってしまうのでという理由からです。現代は赤色のおしゃれな服装が、いろいろありますし、恥ずかしい気分にもなってしまいます。

そこでおススメの方法として、「赤いちゃんちゃんこ」を手作りして、贈ってみてはいかがでしょうか?手作りであれば60歳の親が気に入るデザインに、自分でアレンジできます。

例えば、赤色はポケットの部分だけにしておくとか、布もキルティング布で作成して、冬に暖かい羽織ものとして、役立つ服にするなどです。型紙は直線のため、思ったほど難しくありません。100円均一などで大きめの紙(方眼紙がおススメ)を購入してきて、親の体型に合わせて作ってみましょう。

<作り方>

初めに背中と前身ごろが、続きになっている凹になるように、型紙を作成します。前身ごろの直線2本ラインは幅があり、これが前身ごろの部分になります。赤いちゃんちゃんこを作るので、曲線では無く直線で大丈夫です。横幅は親の肩幅をメジャーで測って、何センチか決めて下さい。例えば肩幅が50センチであれば、前身ごろは2で割って、25センチ×2になります。羽織った時に首に余裕がほしいので、幅を25センチではなく、23センチぐらいにするなど調整します。

赤いちゃんちゃんこの着丈は、親の首より腰まで測って、長さを決めて下さい。型紙ができたら親の体に合わせてみて、長さが長いのであれば切って、微調整をします。洗濯したら若干縮小する布で、作成する予定の人は、少し大きめの型紙の方がいいかもしれません。親の体にちょうどいいサイズだと、確認できましたら、次は襟の部分の型紙を作成します。

襟の部分の長さは、前身ごろの着丈×2に、首の部分の長さを足して、直線の長い長方形に型紙を裁ちます。縫いしろは1センチぐらい、とっておきます。襟の幅は親の好みにより、微調整して下さい。次に型紙を布の上に置いて、待ち針で止めていきます。型紙にそって色えんぴつで、型紙の線を書いていきます。書けましたら、待ち針をはずして、布をカットして、赤いちゃんちゃんこを縫っていきます。

ミシンがおススメですが、ミシンが無い人は手縫いでも、充分いい感じに作ることができます。還暦祝いのお祝いの席だけ用なら、形になっていればOKですが、普段も着まわせる服に仕上げたい場合は、本体を2枚用意して合わせ、強度がある丈夫な赤いちゃんちゃんこに、作るといいでしょう。アップリケを付けてみたり、リボンをあしらってみたり、アレンジして素敵に完成させましょう。

赤い色の下着であれば隠せるのでプレゼントに最適

赤色一色の服などは、やはり人により好みが分かれます。赤色が好きだという人はいいですが、違う色の方が好きな人もいますので、なかなか選ぶのは難しいでしょう。60歳の還暦を迎える、友人や会社の仲間などに贈りたいのであれば、赤色は好みなのだろうか?と悩まなくてもいい、下着などは服で隠せるので、プレゼントに最適です。

サイズについては、プレゼントを贈りたい人が、SサイズなのかMなのかLなのか、もっと大きいサイズなのか、分かっていれば選ぶことができます。何センチまで分からなくても、商品を選べますし、多少本人が好みではないデザインだった場合でも、下着は人に見せないので、日常役立つアイテムとして、重宝することでしょう。冬は防寒のため服を重ね着するため、夏の服のように下着が、透けて見えるなど絶対無いため、暖かい長袖シャツやショーツなど、プレゼントとして向いています。

服をよりおしゃれに演出する赤色のファッション小物

赤色が大好きな人であれば、赤いコートをプレゼントしたら、喜んで着てくれるでしょう。ですが、ずいぶん目立つことは確かなので、やはり好みが分かれてしまいます。なので、おススメのプレゼント選びとしては、服をよりおしゃれに演出してくれる、赤色のファッション小物を贈るといいでしょう。プレゼントの予算がある人なら、赤い時計や赤いジュエリーなどです。

ほどほどの予算でプレゼントを用意したいのであれば、赤いストールや赤い手袋、赤い帽子などです。男性へのプレゼントでしたら、赤い色が入っているネクタイやネクタイピンなどです。赤色のファッション小物は、アクセントカラーになるため、着ている服をよりおしゃれな雰囲気にしてくれます。普段自分ではなかなか購入しない、赤色のファッション小物なので、プレゼントされると使ってみようという気分になります。

誰でも定番である、上着とかセーター、ズボンやスカートなどを購入するのが精一杯で、小物まで買う余裕がない人の方が多いです。赤色のファッション小物で、おしゃれにイメージチェンジをしてあげましょう。還暦祝いのプレゼントを贈ってもらえた人も、いつもよりおしゃれな感じになれて、喜んでくれます。

まとめ

赤いちゃんちゃんこは、お祝いの席だけ着用して、後はタンスにしまってしまうのであれば、手作りで用意するのは1つの方法です。普段家などで着まわせる、赤いちゃんちゃんこを手作りするのもいいでしょう。子供が一生懸命作ってくれたと思ったら、親もすごく感動します。親しい人への還暦祝いは、赤色のファッション小物などがセンス良く、お手頃な贈り物です。

 

 

おすすめ記事→還暦祝いに赤い色の贈り物を贈るのはなぜ?還暦と赤色との関係性や近年のプレゼントの傾向