70歳を迎えた家族や知り合いに古希のお祝いを

老夫婦

古希とは、70歳のことです。

その由来は「酒債は尋常行く処に有り、人生七十古来稀なり」という唐の時代の詩人・杜甫の漢詩「曲江」の一節です。

現在では70歳まで生きることは珍しいことではないですが、昔は非常に稀なことでした。

古希は長寿のお祝いとして世間に広く認知されています。

還暦までは満年齢でお祝いをしますが、古希以降は喜寿、傘寿なども含め数え年でお祝いをします。

また、誕生日の近くにお祝いを行わなければならないのではなく、敬老の日や、家族が集まりやすいタイミングで食事会などを行う場合が多いです。

紫

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを着るのが有名ですが、古希のお祝いは紫色がテーマカラーになります。

現在の70歳は、まだまだ長寿、老人というイメージではないので、長寿を祝うよりも健康で過ごしてきたことを祝うのが良いでしょう。

お金

古希祝いの相場としては、両親であれば1万~5万円、孫が祖父母に贈る場合は1万~3万円、親戚や親しい知り合いには5千円~2万円ほどです。

祝儀袋の表書きは「祝古希」「御古希御祝」などです。

お祝い事ですので、水引は紅白または金銀の蝶結びにします。

ポエム

プレゼントを贈る場合は紫色にまつわる物があると良いですが、こだわる必要はありません。

最近、特に女性に人気のプレゼントは花なまえの詩です。

古希を迎える方のお名前を上手く織り込んだ詩を制作し、可愛らしい縁起物のイラストとともに額装してくれるサービスです。

他にも、還暦のちゃんちゃんこのような定番の物が無いことから、湯飲みやお箸など、毎日使える小物を贈るのも人気があります。

さりげなく紫色のデザインを選ぶとスマートです。

食べ物では高級な牛肉や全国各地のお取り寄せグルメも良いですし、70歳になると健康に不安を抱える方も多いので、鰻や高級なフルーツを贈るのも人気です。

敬老の日のように毎年あるわけではないので、精一杯、相手が喜ぶプレゼントを考えてあげましょう。

 

古希についてのおすすめ記事→古希祝いの基礎知識