酒が好きな父への古希祝いに

お父さん

 

古希を迎えた父へのプレゼントで大変おすすめなのが、日本酒やワインといったお酒です。

お酒が大好きな父であれば、これらのプレゼントで喜ばない人は居ないでしょう。

日本酒でもワインでも、1本あたり大体5,000円~10,000円程度で手に入れることが出来ますので、非常にリーズナブルだという点でもおすすめです。

父が好きな銘柄があれば、それを贈ってあげるのも良いですし、有名なブランドのお酒やワインであれば、もう少し高くなるかもしれません。

 

父親の古希祝いには名入れ酒がおすすめ

 

お酒やワインは古希祝いをはじめとした長寿祝い用も用意してありますので、探しやすくお店の人にも相談しやすいでしょう。

また、世界に1つだけのプレゼントとして用意するのであれば、名入れ酒も大変おすすめです。

日本酒やワインのラベル部分に名前を入れることが出来るため、家族全員が感動すること間違いなしです。

父の名前を入れてあげても良いですし、古希祝いおめでとうといったメッセージを入れてあげても良いでしょう。

お酒にあまり詳しくない人が、父のために古希祝いの贈り物で用意してあげるのであれば、

まずは古希のカラーである紫のラベルやボトルのものを選んでみましょう。

お祝いに相応しい金箔入りのお酒も大変おすすめです。

 

年代にこだわったワイン

 

ワイン

 

また、人気があるのは年代にこだわったワインを贈ることです。

古希は70歳を祝うものですので、古希祝いに大変人気なのが、同じ年である70年物のワインです。

贈られたワインが、自分の生まれた年のワインだと気付いた時の父の喜ぶ顔が目に浮かぶようです。

自分と同じ年月を過ごしてきたお酒は特別感が違いますし、何よりもおいしさも格別でしょう。

また、同じ年代のワインで名入れ酒であれば、自分のために一生懸命良く考えてプレゼントを選んでくれたということが解ります。

ワインや日本酒に名入れをする際には、ちょっと一工夫をしてみましょう。

お酒は有名でちょっと値段が高いものを用意しておけば、あまり詳しくない人でも間違いがなく、味も間違いないので相手に喜んでもらいやすいです。

更に日本酒で人気となっているのが、知名度が非常に高くて数あるお酒の中でも不動の地位を誇るものを選ぶという事です。

お店の人に古希のお祝いで贈るということを伝えれば、これを贈っておけば間違いないという1品を用意してくれることでしょう。

 

ケースは桐箱がおすすめ

 

霧箱

 

また、お酒を入れるケースには桐箱を大変おすすめします。

そのまま渡すよりも、桐箱に入れて渡したほうが高級感も一層アップさせることが出来ますし、特別なお酒であるということを相手に伝えることが出来ます。

高級感のあるお酒やワインというものは、普段自分のためになかなか購入することはありませんので、古希祝いのプレゼントとして贈ることで父も喜んでくれることでしょう。

 

オリジナリティーも大事

 

似顔絵

 

また、名入れをする際には、名前だけではなくメッセージや似顔絵、写真が入れられるサービスを行っているところもありますので、積極的に活用してみてください。

世界に1本だけの父のためのお酒を作製することで、古希祝いであるという特別感とオリジナリティー溢れるものを用意することが出来ます。

また、ボトルに自分の名前やメッセージが入っていれば、高級感とともに長くお部屋に飾っておくことが出来る記念品にも出来ます。

古希祝いにどんなお酒を用意したら良いか解らないという人は、純米大吟醸や金賞などの賞を受賞しているお酒を用意するのも良いでしょう。

それか、古希祝いにおすすめとあらかじめボトルを紫色で用意しているものも間違いありません。

古希祝いは一生に一度しかない大切なお祝いです。

毎年訪れる誕生日や敬老の日などとは異なり、ものすごくプレミアムなお祝いになります。

古稀の次の長寿祝いは、77歳の喜寿祝いになりますので、ここから先の7年間も長く元気に生きてもらうためにも、良いプレゼントを選んであげましょう。

 

セットにするならグラスやお花

 

ドライフラワーのリース

 

お酒やワインだけでは物足りないという人は、グラスもセットにして贈ると一層高級感がアップします。

おしゃれなグラスを用意しても良いですし、普段使いできるように気軽なデザインのものを選んであげても良いでしょう。

また、ワインを贈る場合には、プリザーブドフラワーなどのお花も大変おすすめです。

普通のお花ですと、日数とともに枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーであれば枯れることなくワインのボトルと一緒に何時までも飾っておくことが出来ます。

ドライフラワーのリースは、お酒を真ん中に置くことで大変華やかにすることが出来ますし、

普段滅多なことではお花をもらう機会も無い父にお花を贈れば、喜んでもらうこと間違いありません。

お酒とグラスやお花のセットは、大体10,000円前後が相場となりますので、そこまで高くも無く用意しやすいでしょう。

古稀を迎えた父のために、良い贈り物を考えているのであれば、名入れ酒が大変おすすめです。

お酒が好きな父にこそ、最高級のお酒を用意して喜んでもらいましょう。

 

お勧めの記事:両親への古希祝いの人気プレゼント