結婚式でゲストをお迎えするポイント

結婚披露宴

結婚披露宴の大切なポイント

結婚式

結婚を広く地域・社会に知らせ、皆で祝う結婚披露宴を催す習俗は、世界各地に古くから見られます。

結婚披露宴は、宗教的色彩の濃い儀式としての結婚式と併せて開かれることが多く、結婚式と結婚披露宴を一体として結婚式ということもあります。

現代では、多くの国で結婚は単に民事契約とされているものの、結婚式の宗教的色彩は色濃く継承され、結婚披露宴も広く行われています。

結婚披露宴ではお祝いする側から新郎新婦にお祝いを贈るのとは逆に 反対に新郎新婦が両親にプレゼントする場合もあるようです。

よく見られる例としては、新郎新婦が、それぞれの両親へ花束を贈呈する際、花束とともにぬいぐるみやお酒、ワイン等をサプライズで贈る方が多いようです。

結婚披露宴は準備が重要

指さす女性

人生の一大イベントである結婚披露宴は思い出に残る式を挙げたいもの。その為には入念な準備が必要です。

結婚披露宴までの準備の流れや、式次第について簡単にご紹介します。

結婚披露宴の会場

結婚式場

現代の日本の結婚式は、神前式(神道式)またはキリスト教式で行われることが多く、結婚披露宴はホテルや結婚式場、レストランで行われることが多ため、神社に結婚式場を併設したり、ホテル・結婚式場に神道の祭壇やキリスト教のチャペルを設けて、 結婚式と結婚披露宴を1ヶ所で併せて行うことが多いようです。

近年はオリジナル性を持たせたパーティースペースやゲストハウスで行われることがあり、挙式の参列者全員を立会人として結婚を誓う人前式で行われることもあります。

結婚式・結婚披露宴の招待客

結婚式は、神前式の場合には新郎新婦の親族のみ招待することが多く、キリスト教式では親族のほか親しい友人・知人なども招待することが多いです。

結婚披露宴は、新郎新婦の親族、親しい友人・知人のほか、恩師や職場の上司・同僚、両親の友人・知人なども招待されます。

特に、恩師や上司は、結婚披露宴の主賓とされ、会場最前列に席が用意されます。

結婚式・結婚披露宴の衣装・服装

結婚式

結婚式の衣装について、神前式の場合、新郎は紋付羽織袴、新婦は白無垢打掛に綿帽子、あるいは色打掛に角隠しであることが多いようです。

キリスト教式の場合、新郎はモーニングコートかタキシード、新婦は純白のウェディングドレスを着ます。

また、お色直しとして新郎新婦が中座し、和装から洋装へ、あるいは純白のウェディングドレスから華やかなカクテルドレスへ着替えます。

新郎新婦の両親や親族の服装については、男性は紋付羽織袴かモーニングコート、もしくは黒いスーツに白いネクタイを着けることが多く、女性は和服ならば五つ紋の留袖か訪問着、振袖、洋服ならば純白以外の派手にならないドレスを着ることが多いです。

記念写真の撮影・親族紹介

結婚式と結婚披露宴の合間には、親族がひな壇に並んで記念の集合写真を撮影したり、両家の親族を一人一人紹介する親族紹介が行われます。

結婚祝・受付

結婚祝い

結婚祝は、現金または品物を贈り、結婚披露宴では現金を祝儀として渡します。

招待客は、結婚披露宴の受付で記帳し、水引をかけて「寿」と書かれた祝儀袋に入れて祝儀を渡します。

祝儀は、親族ならば5万円から10万円、恩師・上司ならば5万円、友人・同僚ならば3万円が相場。

2万円や4万円など偶数は「割れる」数とされ、無礼になるので注意が必要です。

結婚披露宴の演出

時代と共に演出のジャンルが広がっているが、定番はプロフィールビデオや生い立ちや2人の馴れ初めの写真を集めたスライドなど。

プロフィールビデオやスライド同様、2人の生い立ち、馴れ初めを記事にしたウェディング新聞なども人気で、芸能人などを結婚披露宴に呼んで余興を行うなどのサービスもあるそうです。

追記

私の友人の結婚式の時にサプライズ成功した演出アイテムに生まれた日の新聞を添えた両親へのプレゼントがありました。

花束贈呈の時に感動的な場面につつまれます → 幻の酒ブライダル館さま

こちらの記事もおすすめ→披露宴会場での豆知識!個性を出してゲストを楽しませよう

結婚披露宴
結婚式・披露宴のコストは演出次第

結婚式や披露宴をするのは、女性にとっては憧れでもあります。 実際に結婚相手が決まったら、結婚式とか披 …