本格焼酎とは

焼酎

焼酎

戦後1949年の酒税法で「甲類・乙類」の分類呼称が定められました。

通常甲乙の称は等級や順位でも使われる表現であるため、ややもすれば「乙類」が「甲類」に劣ると誤解されかねなかったのです。

これを危惧した江夏順吉(当時の霧島酒造社長)が1957年に九州旧式焼酎協議会において「本格焼酎」という呼称を提唱。

1971年(昭和46年)12月10日に「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律施行規則」(昭和28年大蔵省令第11号)が一部改正され、これにより「本格しようちゆう」と呼称・表記することが可能となったのです。

(2008年12月現在、法令の条文上では「本格しようちゆう」のみが使用されており漢字の「本格焼酎」の登場例はないが、以下業界での慣用に倣って本節では後者を用います。)

しかし、「本格焼酎」の呼称を用いる基準が必ずしも明確でなかったことから議論が生じ、その結果2002年11月1日に前述の省令の一部改正により基準が強化され、以下に掲げるアルコール含有物を蒸留したものでなければ本格焼酎と名乗ることはできなくなっています。

なお、単に「焼酎乙類」「単式蒸留焼酎」と表示するのであれば材料は制約されないとされています。

単式蒸留しようちゆうは前提として「連続式蒸留機以外の蒸留機を使っている」という決まりがあり、さらに追加で5つの基準があります。

  1. 砂糖(政令に掲げるものに限る)、米こうじ及び水を原料として発酵させた場合(黒糖焼酎)
  2. 穀類又はいも類、これらのこうじ及び水を原料として発酵させている場合
  3. 清酒かす及び水を原料として発酵させたもの、清酒かす、米、米こうじ及び水を原料として発酵させたもの又は清酒かす
  4. 穀類のこうじ及び水を原料として発酵させた場合
  5. 穀類又はいも類、これらのこうじ、水及び国税庁長官の指定する物品を原料として発酵させた場合(その原料中国税庁長官の指定する物品の重量の合計が穀類及びいも類及びこれらのこうじの重量を超えないものに限る)

本格焼酎ブーム

グラフ

日本では、2003年頃から焼酎乙類を対象とする「本格焼酎ブーム」が起き、同年には焼酎類全体の出荷量が日本酒の出荷量を約50年ぶりに上回っており、2004年には売上高もピークを迎えています。

ブームに伴って、本格焼酎を専門に扱う焼酎バー続々とも登場しています。ブームの影響によって、材料や製法にこだわった焼酎も盛んに市場へと送り出されています。

鹿児島で本格焼酎は1500円前後の商品が消費の中心ですが、より美味しい焼酎を望むニーズと、作り手のこだわりによって高価格で本格志向である味の焼酎も登場しました。

しかし、少なからぬ弊害も生じています。

ブームのピーク時には芋焼酎の原料となるサツマイモが市場に不足する深刻な問題が起きたほか、一部銘柄ではプレミアがつき、一本数万円などという値段が付けられるようになり、森伊蔵については偽物が出回る事件にまで発展しています。

本格焼酎需要急上昇に伴い、各地で焼酎の生産設備拡充や休止酒造場の再開、新規参入などが図られました。

しかし、2006年初頭からブームは沈静化しつつあり、例えば帝国データバンク福岡支店は2006年の売上が2年連続で下落したことから焼酎ブームは去ったと分析。

ブームの反動・縮小による焼酎業界への悪影響を懸念し、日本銀行鹿児島支店が2008年2月に公表した、今回の焼酎ブームについてまとめたリポートでは「今回のブームは終焉した」と指摘。

銘柄選別の時代に入った」と結論付けています。

このような状況だったのですが、一方で麦などから芋などへの素材に対する嗜好の広がりが起こったことにより、帝国データバンク福岡支店によると、焼酎メーカー上位50社の2008年1~12月の売上高合計は前年比3.8%増の3471億9500万円で、ピークの2004年を上回り、「過去最高」を記録するなどブームの底堅さも見せているのであります。

焼酎ブームの到来

焼酎

1970年代頃になります。【焼酎を6、お湯を4】で割る(通称ロクヨン)が流行し始めた頃です。

この割り方は、昔から受け継がれる、いわば王道と言われる飲み方です。九州の鹿児島や宮崎の焼酎がヒットしだしました。

焼酎ブームの再来

1980年代にブームが再来しました。

さわやかで清々しい飲み味が売りの【缶チューハイ】などが主役の甲類焼酎(果汁や炭酸などで割り生み出す焼酎)が、日本の東側を主としてヒットしました。

いまでも根強く愛されていて、テレビコマーシャルや雑誌などでも広く知られる存在となっています。

焼酎ブームの転生

焼酎

現在は、泡盛、麦、黒糖、蕎麦、芋などの原料の味わいの深い本格焼酎(乙類)が主として、伝説といわれた焼酎や、デレビコマーシャルでも宣伝されているような定番、売れ筋のものまで、多種多様のものが生まれています。

蔵元の工夫・努力によって従来の【クセがある】などの考えから【原料の個性を最大限まで活性化した丸みを感じさせる】というよな考え方へ変わってきたことも、広く受け入れられる最大の要因となっています。

なお、脳梗塞や心筋梗塞の血栓などにも効果があるということも大衆に広く知られたことにより、血液の循環をサラサラ血にする効能を求め、焼酎を愛飲する人も多くいます。

焼酎が二日酔いしにくいというのは事実か

酔っ払い

日本酒やワインなどに比べて、二日酔いしにくい、酔い覚めが良いという言い伝えがあります。

御存知の通り、二日酔い自体は、アルコールを分解したときに出るアセトアルデヒドが原因となっていますが、この説の根拠として、焼酎などの蒸留酒に含まれていない、醸造酒にだけ入っている不揮発性の物質がアセトアルデヒドと相乗して影響しているのでは、と考慮されています。

ですが、学術的な根拠はまだないとされています。

なお、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドが血液から消失しやすいなどとも考えられており、今尚、焼酎の魅力の研究が行われています。

焼酎の効能

焼酎を飲んで血栓を予防しよう!

脳

(焼酎に隠された能力…脳梗塞などの血栓症の予防効果が発見される)

倉敷芸術科学大学の須美教授がとある実験をしました。 日本酒やビール、赤ワインや本格焼酎などの酒類をそれぞれに飲んだ後に、血液中の血栓の溶解能力を計測するといった実験を行いました。

そうすると、飲んでいない状態よりも本格焼酎を飲酒した時の方が、血栓溶解酵素の上昇値が非常に高くなっているのを発見したのです。

普通は、血液の中には血液を固まらせる「凝固因子」と呼ばれるものと、固まった血液を溶かす「線溶因子」と呼ばれるものがあり、 状況によって互いにバランス良く作用します。

例を挙げると、指や脚など擦りむいた時、出血した際には、凝固因子が働き血液を固めて出血を止めるよう働きかけ、 擦り傷が治癒していくごとに線溶因子が働き、血の固まりを溶かして元の状態に復元していきます。

しかし、年をとるにつれ、線溶因子の働きが弱くなっていき、この2つがバランスを崩すと 凝固因子により血が余計に固まり、血栓を生み出してしまうのです。

(これが、心筋梗塞や脳梗塞、虚血性心疾患などの血栓症の疾患の原因になります)

実験の結果、本格焼酎の持つ成分が線溶因子を活性化させ、血栓をよく溶かして 血液をスッキリとした状態へ変化させ、血栓症にとても効果があることが判明したのでした。

焼酎
乙類の種類

焼酎乙類は一次発酵・二次発酵を経てつくられたもろみを蒸留して製造されるものが主流です。 米焼酎 日本 …

焼酎
焼酎の歴史

焼酎の歴史 焼酎という蒸留の原理そのものの技術発明は紀元前3500年頃のメソポタミア文明の時代で生ま …

焼酎
焼酎について

焼酎の定義 酒税法では「アルコール含有物を蒸留した酒類」のうち、以下の条件を満たす酒類を焼酎としてい …