貰ったら嬉しい!喜寿祝いのプレゼントとは

プレゼント

 

77歳まで長生き出来たことを祝福してお祝いする人もその長寿にあやかるという意味がある喜寿は、

昔は数え年の76歳の正月または誕生日にお祝いをしていましたが、現在は満77歳になる誕生日にお祝いをすることが多いです。

細かい日程には拘らずに、家族や親族が集まりやすい日にお祝いをする傾向が増えてます。

 

テーマカラーは紫色

 

祝いのテーマカラーは紫色で、昔は高貴な色として扱っていたので高齢者への敬意を込めてこの色のプレゼントを贈ることが習慣になったようです。

紫色は古希祝いの色でもあるので、贈り物が同じにならないように相談しながら決めるのがコツです。

のし袋なども紫色のデザインが入っていると、中身にその色がなくても十分に雰囲気が出ます。

 

喜寿祝いの予算について

 

貯金箱とお金と電卓

貰って嬉しいプレゼントにお祝い金もありますが包む金額に悩む人も多く、

長寿祝いではお祝い金を贈るときは本人が1人で動ける状態できちんと使い道が考えられることがマナーとなっています。

お祝い金の金額は地域や家庭により色々ですが一般的に1万円から3万円が相場で、贈るときも基本的にこの金額を目安にするのが望ましいです。

贈る方が学生や部下の場合もあるため金額は5千円から5万円と幅広いです。

子供から両親には相場は1万円から3万円程度、孫から祖父母へ贈るときや親族間のときは1万円以下が相場です。

上司や恩師などお世話になった人に個人的に贈るときは、1万円から3万円程度のものが多いです。

一番大切なのは金額や高級品などではなく、お祝いをする気持ちを大切にし相手に気をつかわせないで、心から嬉しいと感じてくれるものが良いです。

 

喜寿祝いギフト、選び方のポイント

 

絵選ぶときにはいくつかのポイントがあって、長寿祝いだからといって年寄じみた贈り物を選ばないようにすることです。

最近は年齢に関係なく若々しい人が多いので、年齢を感じさせる物は贈り物は失礼になることもあります。

これまでの長寿を祝って相手の思い出に残るようなものがよく、贈る相手の趣味や生活スタイルなどにあわせて、

自分ではあまり手に取ることがないような少しオシャレなものを贈ることでセンスが良いと思われやすいです。

テーマカラーである紫色を取り入れたプレゼントもおすすめです。

物品だけでなく会食もセットにするとお祝いムードも盛り上がりやすくなるので、御年輩でも美味しく楽しめるお店を探すのもよいかもしれません。

 

男性へのおすすめは筆記具

 

万年筆

男性が貰って嬉しい品は、ボールペンや万年筆などの筆記具です。

記念品にもなりますし普段使いもしやすい実用品として永く愛用してもらいやすいです。

男性向けは少し太めのものを選ぶと高級感もあって使いやすいです。

色は黒が最も人気がありますが、濃紫のものを選ぶのもセンスがよく感じられます。

腕時計も昔から人気があって、長い人生を楽しく歩んでほしいという願いも込められています。

何個あっても困りませんが、長く使える高級品や名前入りのオリジナル腕時計を贈る人も多いです。

 

女性へのおすすめはファッション関連商品とお花

 

女性ならファッションに関連するものが嬉しいようで、洋服やアクセサリーは気分も明るくなるので喜ばれやすいです。

自宅で着易い部屋着なども良いですが、オシャレをして外出しやすい気分になるオシャレ着なども最適です。

定番の品といえば花のプレゼントで、華やかな花束は女性だと誰でも憧れるものです。

バラや胡蝶蘭など見た目が豪華なものや、紫色の花を選んでもお祝いの雰囲気が出ます。

生花は枯れて勿体ないと感じるときはプリザーブドフラワーが最適で、保存状態が良いと10年は長持ちするといわれています。

また、ミニ盆栽なども新しい趣味として喜ばれるかもしれません。

 

無難なのはお酒やお菓子

 

おせんべい

無難な物を選びたいときは、お酒やお菓子などもあります。

お酒はイベントを問うことなく贈り物として嬉しい商品で、ビールや焼酎に日本酒、ワインなど酒類も豊富に揃っていて価格も幅広いので選びやすいです。

お菓子は和菓子と洋菓子どちらも人気で、年齢を重ねると食も細くなるので賞味期限が長いものが良いです。

煎餅やお餅が定番ですが相手の年齢や健康状態を確認してから、糖分が少ないものを選ぶことがポイントです。

 

喜ばれるギフトは性別によって違う

 

嬉しいと感じる贈り物は性別によって違う事があり、男性ならお酒やお菓子に家電製品で、

高級マッサージチェアや身だしなみを整えるグルーミングセットなども贈られることがあります。

シニア世代が使いやすくてシンプルでメンテナンスが簡単なものが安心です。

女性は花やお菓子、バッグに財布、アクセサリーなどがありますが、

男性より記念日を大切にする傾向があるので迷ったときは欲しいものを聞きだしておくと選びやすくなります。

 

相手のライフスタイルを考えたギフトをチョイスしよう

 

考える女性

70代は多くの人が現役を退いている年代でもあり、時間に余裕がある人も少なくありません。

ますます健康でいられるように健康グッズや温泉の旅行券などを贈ると喜ばれやすいです。

贈る相手によって色々な祝い品があるので、相手のライフスタイルや趣味などを考えながら選ぶと間違いがありません。

自分が欲しいものではなく、相手が欲しいと感じる物を選ぶことが重要です。

 

おすすめ記事:5分で決まる!喜寿祝いのプレゼント選びの参考になるおすすめの贈り物10選を紹介!