古希祝いのプレゼントにオススメな品物5選

プレゼント

 

70歳をお祝いする古希は、プレゼントを贈って祝福の気持ちを伝えるのが基本です。

予算は家族や上司などの相手次第ですが、相場的には1万円前後が平均的な予算だといえます。

それ以上と1万円以上の予算では、選べる贈り物が変わってきますから、予算を先に決めて品物の検討に入りましょう。

 

お酒

ワイン

 

1万円台でおすすめなのは、ワインや日本酒といったお酒の贈り物です。

普段からワインなどを楽しんでいる人が相手であれば、1万円を予算にお酒を選ぶことで、日頃よりも上質な銘柄を贈ることができます。

最高級とまでは行きませんが、手に入りやすい銘柄の中で、比較的高級なお酒を用意できるようになります。

ただ単に選んで贈るだけでなく、好みの料理に合いそうな銘柄を選択して用意することで、贈り物の価値や魅力がパワーアップします。

特に、古希は70歳の特別な節目ですから、予算内でそれに見合うベストな一品を選び抜きたいものです。

特別感を高めたい時には、名入れとお祝いのメッセージで演出するのも効果的です。

本体価格に少しの金額を追加するだけで、名入れやメッセージといった特別感が実現します。

 

健康・美容家電

 

予算にもう少し余裕があるという場合は、健康や美容に関係する家電も選択肢に加わります。

健康家電は生活の質を高めるのに有効で、70歳をお祝いするのにピッタリの候補となるでしょう。

特に人気なのはマッサージチェアで、3万円位の予算でも本格的な商品が手に入るのでおすすめです。

作りでいえば、高級なマッサージチェアに譲りますが、機能性や実用性は3万円台でも十分に兼ね備えています。

むしろ、価格からは想像できないほどの実用性なので、予算が3万円台ならマッサージチェアが狙い目になります。

人気で売れ筋に入っていますから、それだけ欲しいと思っている人が多い証明でもあります。

予算的にマッサージチェアが難しいのであれば、マッサージクッションやハンディタイプのアイテムも有用です。

オーダーメイドの寝具

寝具

 

もう少し予算を出せる場合は、オーダーメイドという候補も浮上することになります。

オーダーメイドはその名の通り、欲しい商品の特徴を伝えて一品を作ってもらう方法のことです。

寝具は睡眠を大きく左右するアイテムで、毎日欠かすことのできない相棒的な存在です。

市販の商品にも良い物はありますが、体に合う物となればやはりオーダーメイドが理想的です。

オーダーメイド寝具は、近年人気が上昇している商品カテゴリーで、古希のプレゼントでも選ぶ人が増えている傾向です。

本人に協力してもらう必要はありますが、その分喜んでもらえる可能性が高くなるおすすめの候補となっています。

枕は、市販の物だと高さが合わなかったり、クッション性が好みにマッチしないケースが少なくないものです。

その点オーダーメイドは不満を解消するのにピッタリで、良質な睡眠を実現してあげたい人に向いています。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

 

反対に予算が1万円未満限られるという時は、プリザーブドフラワーを選ぶ手もあります。

プリザーブドフラワーは生花が使われていますが、1年以上の長期保存を実現した、加工済みのお花です。

生花のように腐る心配はありませんし、花の良さが長期的に保たれるので、予算が少なめな時の贈り物に最適です。

見た目は生花そのもので、水を与えなくても本物の美しさが持続するのがメリットです。

近年は、加工技術が向上して品質が高まっていますから、生花に引けを取らない美しいお花が楽しめます。

価格が5千円程度の商品も珍しくありませんから、古希のプレゼントで予算が少なめの場合にもおすすめできます。

他のプレゼントに添えるお花にも向いているので、使い勝手が良く古希の贈り物の幅を広げてくれます。

商品券

ギフト券

 

予算が十分でも贈り物に迷う時は、商品券もまたプレゼントにおすすめの候補となります。

商品券はおこめ券とビール券に始まり、グルメお食事券やデパートやスーパーで使えるギフト券もあります。

おこめ券は実用性重視で、予算に合った金額の商品券を包んで贈れるようになります。

ビール券も同様ですが、こちらはお酒好きに贈るお酒に悩んだ場合の解決策でもあります。

グルメタイプのお食事券は、飲食店で使える商品券なのが特徴で、外食が多い人に適しているプレゼントです。

家族と一緒に使ってもらうことも可能なので、古希を迎える親戚や上司などに向いているといえるでしょう。

スーパーでも使えるギフト券は、日常的な支払いの代わりに使えますから、これもまた有力な贈り物になります。

読書好きには図書カード、旅行を提供したい場合には旅行券など用途にあった選択肢が豊富です。

音楽を好む相手には音楽ギフト券、インターネットに挑戦する人に対してはネット通販のギフトカードといった具合に、相手に合わせて選べます。

予算の自由度が高いというメリットもあるので、使って欲しい用途が決まっていたり、贈る物に迷った時の答えにもなります。

年齢ごとのお祝いは特別感が強いですが、最終的に大切なのは気持ちですから、予算が限られていても最適な商品が見付けられます。

 

おすすめ記事:古希のお祝いに選びたい70歳の豊富な贈り物