70歳のお祝いにしたいこと

古希のお祝い

老夫婦

日本は長寿社会でもあって、多くの人が平均寿命に近い80歳くらいまでは生きるといったデータがあるくらいです。

長生きをすることができる理由としては、食事などから摂取する栄養状態がよいことや今までには治らないといわれていた病気であっても治るようになっていることなどが影響しているといえましょう。

また、それを祝うお祝いもしたりするので、年齢において節目があるといえましょう。

定年退職をする60歳になるころには還暦の祝いをしたり、70歳になると古希のお祝いをしたり、77歳になると喜寿のお祝いをしたりします。

その後も長寿のお祝いをしていくことになるのです。

家族

古希にはすでに仕事をしていない人も多いのですが、それでも健康で元気にいることができる人も多いので、高齢者でありながらも充実した日々を送っている人が多いことでしょう。

古希の時には還暦などと同じように家族や親族などに祝ってもらうことになるでしょう。その方法は多岐にわたります。

プレゼントをもらったり、旅行を企画してもらったり、食事をしたり、写真館で家族で写真を撮ったりするようなことをする場合が多いものです。

プレゼント

プレゼントとしては、古希を象徴するのが紫色なので、紫色のものを選んだりするものです。

紫色の洋服やファッション小物、バッグなどもいいでしょう。

また、温泉旅行に行ったりするプランを立てて、家族みんなで出かけたりするのも思い出に残りますし、余裕があれば海外に行くといった旅行もいいでしょう。

今までの感謝の気持ちや今後まだ元気に健康でいることができるようにするためにもこういった機会はとても重要なのです。

お酒

また、記念になるようにその人にだけの特別なオリジナルの商品を作ってもらうというのもいいでしょう。

例えば、グラスや食器などに名前を入れてもらったりするのもいいですし、日本酒や焼酎などでも名前入りにしてもらうというのも後に残る記念品になるものでもあるのです。

 

お勧めの記事→70歳のお祝いにしたいこと

プリザーブドフラワー
古希のお祝い
古希祝いのプレゼントにオススメな品物5選

  70歳をお祝いする古希は、プレゼントを贈って祝福の気持ちを伝えるのが基本です。 予算は …

霧箱
古希のお祝い
酒が好きな父への古希祝いに

  古希を迎えた父へのプレゼントで大変おすすめなのが、日本酒やワインといったお酒です。 お …

古希のお祝い
70歳のお祝いにプレゼントしたいもの

日本では長寿のお祝いをする習慣があります。 それは60歳の還暦から始まり、70歳の古希や77歳の喜寿 …