日本酒の特長

北海道地方の日本酒の特徴

北海道

日本酒というのは、造り手によって味が異なります。さらに、場所や地域によっても特徴や味は大きく異なります。

例えば大自然の北海道で作られた日本酒の特徴は、やや淡麗な味わいといえます。

北海道は新鮮でおいしい海の幸がたいへん豊富です。とれたての魚はもちろん、イクラ、ウニ、ホタテといった魚介類も豊富です。

そのため、北海道の日本酒は海の産物に合うような味わいとなっています。

すっきりとして淡麗でありながらも、厳しい寒さの中で作られた日本酒はとても上質な味わいです。

酒造りには美しい水、広大な土地が必要ですが、北海道はその条件を見事に満たしています。

北海道で作られた日本酒を味わってみるのは価値があるといえます。

東北地方の日本酒の特徴

東北

東北地方は酒どころとして全国的に有名です。

一般的にはすっきりとした甘口のお酒が多いと言われることが多いですが、同じ東北地方のお酒でも、各県ごとに味わいに特徴があることをご存知ですか?

東北地方で作られる日本酒は、北部は甘口のお酒が多いのに対し、南部は辛口が多くなっています。

いずれの地方も酸味の少ないすっきりとした癖のない飲み口で、普段日本酒を飲み慣れない方にも飲みやすいお酒と言えます。

また、同じ地方の日本酒でも、原材料となる「米」と「水」によって大きく味わいが変わってきます。

また、東北地方にはたくさんの蔵元があり、蔵元ごとの特徴や杜氏の受け継いできた技によってもたくさんの種類のお酒が生まれます。

そのため、自分だけのお気に入りの味を探す楽しみも多いです。

北陸地方の日本酒の特徴

北陸

冬期には寒冷な気候で降雪量が多く通常の生活に支障が起きやすい北陸地方ですが、反面これらは日本酒を醸造する際の好条件であり、日本酒ブームが起こる以前から銘醸産地として知られています。

長い年月にわたり雄大な自然環境、とりわけ標高の高い山脈によってろ過された雪解け水は清涼で、その水から育まれる酒造好適米と仕込み水は高品質です。

吟醸酒や純米酒はもちろん、普通酒であっても端麗辛口のものから甘いフルーティーなものまでバラエティに富んでおり、北陸地方は日本有数の海産物の産地でもありますから、それらの料理にマッチングする日本酒が豊富です。

歴史ある蔵元が海の幸と山の幸を最高の条件で味わえるよう常に改良を重ねているのです。

検索で探してすぐに見つかった酒屋抜粋→新潟の日本酒や地酒販売

甲信越地方の日本酒の特徴

甲信越

日本酒の原料の一つとなっているのが米ですが、その米づくりが盛んな地域である甲信越地方は、寒冷な気候でもあるため、雪解け水を使用して日本酒がつくられているものです。

味を表現するのに甘辛や濃淡であらわしていますが、甲信越地方の日本酒の特徴は、淡麗で辛口のタイプが多くみられます。

さらりとした飲み口で、すっきりとした後味のものが多く、多くの人たちから支持を受けている日本酒の銘柄がたくさんあります。

米どころといわれる地域で作られた米を使用して、雪深い地域できれいな水を使用して仕込まれ、完成した日本酒はどの銘柄も味のバランスも良くて、上品さも兼ね備えたものになっていますので、ぜひ試されてはいかがでしょう。

中国地方の日本酒の特徴

中国地方

中国地方は、日本海側の山陰地域と、瀬戸内海側の山陽地域に分けられますが、日本酒の特徴もこれらの地域によって少し違いがあるようです。

山陰地域は、淡麗で辛口傾向にあって、一方の山陽地域は芳醇で濃厚な日本酒が多くみられるようです。

中国地方のひとつ岡山県では、酒造りに最適とされる酒造米の最高級品種を栽培しています。

この酒造米は、心白の大きい粒であるため酒造りに好適とされています。

また、日本酒の原料のひとつでもある水に、環境庁が選定した名水百選の水を使用して、酒造りを行っているところがあります。

山陰地域や山陽地域によって、日本酒の特徴に少し違いがありますので、好みの香りや味の日本酒を見つけることができるでしょう。

四国地方の日本酒の特徴

四国地方

日本酒といえば北陸や東北地方を思い浮かべることが多いですが、四国においても日本酒作りは盛んに行われており、気候や風土を生かした特徴的な日本酒が数々生み出されています。

四国地方の地酒の特徴としてあげられるのは、全体的に濃厚で飲み口が柔らかい、甘口が多い傾向にあります。

逆をいうと、温暖な気候によって、もろみの糖化が進みやすいことから、辛口を作ることのほうが難しいと言われます。

東北地方などに辛口の日本酒が多いのもそのためです。

しかし、四国四県の中で高知県に限っては、軽快な香味をもつ辛口のものが主流になっています。

かんきつ系のリキュール作りも盛んな四国には、甘口派も辛口派もうならせる、おいしい日本酒がたくさんあります。

九州地方の日本酒の特徴

九州

淡麗辛口であることが特徴となっている福岡県と沖縄県を除いては、一般的に九州地方のほかの県での日本酒は、淡麗にしろ、濃醇にしろ、甘口が多い。

もちろん、九州地方だからという理由だけで、日本酒の全てを一括りにして断じることが出来るわけではありません。

しかし、九州地方が日本国内では南端に位置するため、その気候風土にあった日本酒ということで、各酒蔵が地元の米や水などを使って仕込んでいった結果、甘口のほうに傾いているということになったのが酒質の背景です。

また、九州地方の名産などのさまざまな美味しい食べ物に日本酒を合わせるなら、辛口よりは甘口のほうが合うのだということにもつながります。